読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予測不能の為替市場

FXのファンダメンタルブログ。何故相場が動いたのかを探る。

5/9 振り返り

5/9 火

昨日はドル高でしたね。ドル円は114を抜けました。

NY市場に

北朝鮮のチェ・イル駐英大使が、同国が6回目の核実験を実施すると発言。

「実験が実施される場所と時間は、われわれの最高指導者である金正恩氏が決める」

 

との発言で円が買い戻される動きがあり113円後半で今は推移しています。

 

ドル円どこまでいくのか、この北朝鮮問題が緊迫した状況じゃない今、リスクオフ要因が見つけられないんです。

 

またロス米商務長官が「ドルが強すぎるわけではない、他通貨弱すぎる」と発言したんですが、それもまたいえているかと。

他通貨がここから買えない。

 

ほんとにポンドを解散総選挙報道からもちっぱにしなかった事が半期一番の反省になりそうです。。。。

まだ売りポジが溜まっていると思われるので、上昇余地はありそうですがここから買うってなるとあたしいイベントが欲しいです。

 

明日のBOE政策金利と、インフレレポートを注目ですね。

すでにCPIが2.3%まで前回きてました。

2.75%までがBOEの許容範囲としてますが、凄いスピードで上がってますね。

インフレ率の許容範囲を上げるのか?そのままでいくのか。

タカ派ハト派にどれだけ動くか。その辺が注目ですね。

 

それでは。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

気になるテーマ
北朝鮮問題
フランス大統領選
イギリス解散総選挙
米国と中国の貿易
トランプの税制改革の詳細 
FOMC6月の利上げの行方
FOMC利上げ 回数
ECB利上げの行方
日米通商 FTA交渉
NAFTA交渉 
BOE利上げの行方
・ユーロとの離脱交渉
イギリスのユーロへの分担金
ハードorソフト
 
今後の予定されているイベント
5/10 BOE・NZ中銀 政策金利
 
5/11~13 G7財務会合
5/26~27 G7首脳会談
6/8 イギリス解散総選挙
6/11・18 フランス議会選挙