予測不能の為替市場

FXのファンダメンタルブログ。何故相場が動いたのかを探る。

2017/6/18 FOMCとBOE

先週はイベントが盛りだくさんでした。

 

FOMCですが事前の予想通り25bpの利上げを決定。

しかし、事前にCPI・小売売上高発表で動きすぎたたのか反応がにぶい。。。

消費者物価指数(CPI) [前月比]

前回0.2%  予想0.0%  結果-0.1%

消費者物価指数(CPIコア指数) [前月比]

前回0.1%  予想0.2% 結果 0.1%

 

(米) 5月 小売売上高 [前月比]

前回0.4%  予想0.0%  結果-0.3%
 5月 小売売上高(除自動車) [前月比]

前回0.3%  予想 0.1%  結果-0.3%

 

今回は利上げは織り込み済みで、景気指標や物価の伸びが良くないなかで今後の利上げに向けた考え方の変化があるのかって所が注目されていたのでインフレ指標に反応したと思われます。

予想との乖離も結構ありました。

 

f:id:mainichifx:20170618232407j:plain

 

FOMCに関してはバランスシートの年内縮小が発表されましたね。

 

自分はイエレンさんが話し終わったら売ろうと緑の矢印ポイントでS。

しかし、CNBCが映像を切っただけで実はまだバランスシートについてしゃべっていたっようで上げましたw

で、実際に喋りおわった後に下がるという。。しっかり事実確認しないといけませんでした。

 

 

BOE

政策金利は据え置き。据え置きは予想通りでしたが3人の政策委員が利上げを支持した事に反応し、ポンドは上昇しました。

カーニーさん会見は火災の件で中止です。

 

ポンド上昇はこの利上げ支持が増えた事はインパクトがでかいと思いポンド円でIN。+50pip。

ポンドの方向性が上昇に変わるかなと思ってますが、今日の24:00からのユーロ離脱交渉がどうなるのか。。。

明日の窓にも影響するのか。どうなのか。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

気になるテーマ
ロシアゲート問題 捜査介入
北朝鮮問題
イギリスの連立政権の行方
ドッド=フランク法改正案
FOMC9月利上げ 
ECB利上げの行方
BOE利上げの行方
・ユーロとの離脱交渉
イギリスのユーロへの分担金
ハードorソフト

今後の予定されているイベント
6/19 EU離脱交渉開始 
9月ドイツ選挙 イタリアも?

広告を非表示にする